l'Ecole de la Cuisine Francaise Chez Eri

シェ・エリ フランス料理教室ガストロノミーブログ 教室でつくる美味しさを綴ります

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

entree

これから夏にかけて旬を迎える
sardines confites a la salade
真イワシのコンフィ サラダ仕立て 枇杷などを添えて甘いしょっぱいの組み合わせを楽しみます。
legumes farcies

Courgettes farcies provinceaux
プロヴァンス風 ズッキーニのファルシ
今回はアニョー仔羊の挽肉を詰めました。
プロバンスは彩り豊かな食材が豊富な地方。今回のメインは夏野菜が75%を占めています。
オリーブオイルたっぷり、太陽の恵みを感じる一皿です。

chausson

Chausson aux abricots japonais et aux pommes
フランスのおやつ ショーソンです。
「スリッパとか上履き」という意味ですが、形からそんな呼び名がついたのでしょう。
パリのパン屋さんのブリオッシュなどの横、片隅に置いてあります。
黄色くなった梅とリンゴをパイ生地で包み焼き上げます。
熱々を火傷寸前で楽しめるのは…一瞬の幸せを感じるひとときです。
スポンサーサイト

夏の特別クラス

夏の暑さを何とかして楽しむクラスを開きます。

7月はお惣菜クラス
夏の飲み物によく合うメニューを考えております。
夏野菜のキッシュ1台、フロマージュ・ド・テット(豚足のゼリー寄せ)・キャロットラペ(人参のサラダ)おつまみ1種を皆で作りそれぞれお持ち帰り頂きます。
quiche


8月はパンクラス
毎年恒例のクラスですが
今年は天然酵母パンを作ります。
素材の旨みを素直に感じられる素朴な天然酵母パンと
クルミとレーズンをたっぷり練り込んだパン。
毎日食べても飽きないようなパンです。
発酵の合間に簡単なランチを作りながら焼き上がったパンはお持ち帰り頂きます。

http://www.chezeri.com/class.html
詳しくはこちらをご覧ください。

どちらも作ったものを持ち帰られる楽しい内容となっております。

これを機会に、パンやキッシュの美味しい作り方を学びませんか・・・?

テーマ:美味しいもの - ジャンル:グルメ

5月

初夏を迎える今
前菜は北アフリカ料理のタブレです。
クスクスを使った簡単でさっぱりとしたサラダ
taboule

マグレブと称する北アフリカの国々の移民がフランスには多く
パリにはそのレストランも多い。
様々な国の文化がミックスしている事がフランスをより魅力的な国にしています。

暑くなるこれからの季節にピッタリな前菜。
蛸とミントを添えて頂きます。

ballotine

Ballotine de porc farcie de pruneau rotie a la menagere
メインはプルーンと挽肉を詰めた豚肉のバロティーヌ 家庭料理風
ballotine2

豚肉に詰め物をして焼くのですが
そうすることでふっくらと優しい味わいになります
付け合わせ野菜は じゃがいもや玉ねぎ・セロリなどのキッチンに常にあるようなもので作ります。
手が込んでいますが、作りやすい家庭料理です。

gingembre

デザートの主食材は新生姜。
簡単なコンフィを作ります。
新生姜のコンフィとチョコレートガナッシュ、それからフィンガービスケットでサンドして頂きます。
沢山作って冷蔵庫にストックしておくと極上なおやつがいつでも食べられます。
疲れた時、ほんの少し甘い濃厚なお菓子、疲れが飛んでしまいます。

新生姜は旬が短い美味しい食材。
是非手に取ってみてください。
その新鮮さにはっと驚かされます。

テーマ:フランス料理・フレンチレストラン - ジャンル:グルメ

4月

旬の食材を大切に料理します。

avril

海藻バターのカナッペ 帆立とアーモンド、チコリの盛り合わせ マンゴとパッションフルーツのソース

avril2

鰆の海藻バターのパネ 青のりとあさりのリゾット こごみとラディッキオ添え

avril3

黄色いマスカルポーネのケーキ

テーマ:フランス料理・フレンチレストラン - ジャンル:グルメ

昨年冬、自分の手で種から育てた野菜。
イタリア野菜。

treviso


やっと使える程の大きさになりました。
ほろ苦い感じが、皿の中の味を複雑にしてくれます。
今月のメインディッシュに使います。

treviso2


来年はもっともっと赤く
本場イタリアの野菜職人が作る位の野菜に仕上げたい。

 | ホーム |  »

FC2Ad

link

このブログをリンクに追加する

profile

鈴木永里

Author:鈴木永里
料理家
本当の美味しさとは何かを求め料理に関することすべてを研究中。歴史・文化・食卓芸術・スパイス・ハーブ・日本の食材・体への効用等。
料理教室主宰
フランスパリ・コルドンブルー料理ディプロム取得。

カテゴリ

料理 (13)
野菜 (1)
未分類 (7)
おもてなし (2)
お菓子 (1)
食材 (1)
お知らせ (1)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。